妊娠の確率を上げられる

妊娠検査薬

排卵日が分かる薬

結婚をして子供を作りたいと夫婦生活に励むかもしれません。しかしなかなか子供ができないとき夫婦のどちらかに原因があると考えるかもしれません。その時は不妊治療を行うことになりますが、時間がかかったりお金がかかったりもするのでもう少し様子を見てからでも良いでしょう。実は夫婦生活のタイミングによって妊娠ができるかどうかが変わります。女性に起こる排卵日がそのタイミングとして非常に重要になってきます。毎月1回排卵が行われ、その後一定期間卵子が受精を待ちます。この時に夫婦生活を行えば、健康な卵子と精子であれば受精する可能性があります。しかしこのタイミングを逃して行っていても、妊娠につながりません。では排卵を知るにはどうすればいいかですが、排卵検査薬を利用します。排卵検査薬を使って排卵の日がある程度予測できると、その時に夫婦生活を集中的に行うことで妊娠しやすくなります。では排卵検査薬をどうやって使うかです。排卵検査薬は女性の尿中の黄体形成ホルモンLHが増えているかどうかをチェックするためのものになります。尿に検査薬を浸透させます。いつでも行えばいいわけではなく、ある程度事前に予測をして、その日から継続的に行うようにします。すると検査薬が無駄になりにくくなります。生理周期を知っておけば、生理日から何日目に検査をすればいいかがわかります。使い方によっては疑似の結果が出る時もあるので、注意しながら検査するようにしましょう。